未成年者のクレジットカード現金化は可能?

利用上の注意

Written by:

急なお金の入用のときなどに、クレジットカード現金化は強い味方です。
では一般的にローンやキャッシングに申し込むことができない未成年者の場合でも、クレジットカード現金化を利用することは可能なのでしょうか。

未成年でもクレジットカードは持てる

原則的に仕事を持っている社会人でもクレジットカードを申し込むことはできませんが、例外として「家族カード」の存在があります。
これは18歳から25歳以下の大学生と専門学校生が対象で、年齢の上限はカード会社によって異なるケースもあります。
また、18歳からといっても高校生の申し込みはできません。
未成年者の申し込みの際には親権者の同意及び住所や連絡先が必要となりますが、クレジットカードは未成年者でも持つことはできるというわけです。

ただ、クレジットカードには一般的にショッピング枠とキャッシング枠があり、キャッシング枠を利用すればクレジットカードの現金化はしなくても済むはずです。
ところが、未成年者のカードにはキャッシング機能が付加されていないのが実情なのです。

現金化は「お断り」

クレジットカード現金化は自分名義のカードさえ所有していれば誰でも利用はできるので、原則的には未成年者でも使うことはできます。
しかしながら、実際にカード現金化業者に申し込みをしようとするとほとんどは断られてしまうでしょう。

利用を断る大きな理由として「親バレ」が挙げられます。
現金化を行なう未成年は決まった収入がない、もしくは不安定であるからこそお金が足りなくなり現金化を利用するわけです。
したがって、カードの支払いが滞ったりしてしまい、最悪の場合カードの使用停止処分を受けることにもなりかねません。
そういった際に最終的に頼るのは親なのですが、子どもが現金化をしていたことがわかれば黙っている親は少なくなく、現金化業者やカード会社などといろいろと揉めることもあります。
このようなトラブルのリスクを避けるため、業者は最初から未成年者のクレジットカード現金化の申し込みは受けないのです。

Comments are closed.