こんな人はブラックリストに掲載される!

利用上の注意

Written by:

クレジットカード現金化は本人名義のクレジットカードさえあればほとんどの人が利用できます。
しかし、もちろんそれにはクレジットカードを所有していることが大原則なのですが、よく「ブラックリストに載るとカードの利用ができなくなる」「新規カードの審査に通らなくなる」といった話を耳にしたこともあるかと思います。

どんな時にブラックリストに載るの?

したがって、クレジットカード現金化をするためにはブラックリストに載らないようにすることが肝心となります。
クレジットカードの利用履歴は3つの個人情報信用機関によって管理されており、そのうちのCICという機関に情報が引っかかってしまうと「ブラックリスト入り」ということになります。
では、どうなればブラックリストに載ってしまうのでしょうか。

ブラックリストに載るのは主に以下の理由があります。
返済日よりも61日または3カ月以上の支払い延滞や遅延があった場合、返済ができず保証契約における保証履行が行なわれた場合、そして裁判所の破産宣告もしくは破産手続きの開始が決定した場合の3つです。
他にも、携帯電話料金の未納や遅延、奨学金の支払いの遅延、クレジットカードの強制解約なども挙げられます。
ただし、口座にお金がなかったとしても1、2日くらいの遅れでブラックリストに載せられることはありませんからご安心を。
とはいえ、そういった遅れを何度も繰り返していると、カード会社は「この人はお金にだらしなく信用できない」と思われ、その結果ブラックリストに載る可能性はないとはいえません。

一定期間が経てばOK?

ブラックリストに載ったからといってそれが一生涯残るのではなく、一定期間が経過すればクレジットカードは発行されます。
しかしながらこういった情報が消滅するのではなくリストに掲載されなくなるだけですし、また借りたお金を返さなければリストに残ったままであることは知っておく必要があるでしょう。

Comments are closed.