クレジットカード現金化は未成年でもできるの?

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れるというものです。
その方法は主に2種類あり、カードで購入した品物を自分で売買して現金を入手する方法と、現金化をする業者を利用して現金化するものとがあります。
自分で現金化したほうが換金率はいいのですが、手間や時間が掛かったり思ったほどの高換金率にならないこともあるため現状では多くの人が業者の利用を選択しています。

未成年者でもクレジットカードは持てる?

クレジットカードを使ってもってお得に

クレジットカード現金化は本人名義のカードを所有ていること、そしてショッピング枠が残っていることの2つを満たせば誰でも利用できます。
でも、はたして未成年でもクレジットカード現金化をすることは可能なのでしょうか。

高校を卒業すれば社会人になる人もいますから、クレジットカードも必要になる機会もでてくることでしょう。
実際には、高校生を除いた18歳以上ならクレジットカードを持つことはできますがキャッシング枠を利用することはできません。
また、18、19歳の未成年者はいくら収入があったとしてもカードを持つためには親権者の同意が必要です。

現実的に未成年者がクレジットカードを持つ方法としては、3つ挙げられます。
ひとつは「学生カード」といわれるのもので、大学生や専門学校生専用のカードです。
ふたつ目が、勤務先が社員の福利厚生の一環として法人カードを持たせるというもので、その場合の多くは名義人は法人です。
三つ目は家族カードで、これは名義は使用者本人であっても支払いや引き落としは親などの成人家族が行ないます。

未成年者のクレジットカードはキャッシングは利用できない

大富豪の持つクレジットカード

クレジットカードには一般的にショッピング枠とキャッシング枠が付随していますが、未成年者の場合はキャッシング枠の利用は不可であると前述しました。
キャッシング枠とはカード会社からお金を借りる方法で、つまりは「借金」です。
では、なぜ未成年者はキャッシング枠が利用できないのでしょうか。
チェック⇒優良なクレジットカード現金化

同じように銀行をはじめとする金融機関では未成年者にお金は貸してくれません。
なぜなら親の同意なしに未成年者が交わした契約は無効にできると民法で定められているので、未成年者がお金を借りてすべて使っても親の同意がなかったなら契約は無効に、つまり「借り入れはなかった」ことにできてしまうのです。
そんなリスクを背負ってまで、金融機関は未成年者にお金を貸そうとは思わないでしょうね。

しかし、金融機関でお金を借りる場合には一般的に審査が必要です。
ところがクレジットカード現金化では審査は必要ないのですから、親の同意の有無は関係なしに利用できる、つまりは前述の内容に相当しないので契約無効云々といった事態にはならないのでは?と思う人もいるかもしれません。

結論:未成年者はクレジットカード現金化はできない

お金の勘違い
それでも、結論から言えば未成年者はクレジットカード現金化はできない、というかほとんどの現金化業者から利用を断られてしまいます。
というのも、未成年者は収入が不安定なこともありがちなので支払いができなければカードは利用停止になります。
利用停止処分を受けたくないなら親に頼ることになるわけですが、クレジットカード現金化を利用したという事実を親が知れば黙っているはずはありません。
そうなると業者と保護者、そしてカード会社との間でトラブルに発展してしまうのは必至でしょう。
現金化業者としてはそんなトラブルを避ける意味から、未成年者の利用を断っているというわけです。
ただし、未成年者の利用を受け付けている業者もいないことはありませんが、悪徳業者の可能性が高く、のちのち別のトラブルに巻き込まれる恐れがあるので避けたほうが無難といえるでしょう。

Comments are closed.